埼玉県行田市にある小学1年生から中学3年生までを対象とした学習塾です。

TEL : 048-554-5100
FAX : 048-554-4664
〒361-0075 埼玉県行田市向町24-28

向学館 講師スタッフ

私たちが責任を持ってお子様の学力向上をサポートをいたします。

 
【塾 長】
・村社 圭一(学習塾講師集団指導数学2級)
 
【国語科】
・横須賀 昭宏
・内田 隆史
・古瀧 歩美
 
【数学・理科科】
・髙橋 慶太
・小沼 優介
 
【英語科】
・佐藤 千恵子(学習塾講師集団指導英語2級)
・内田 隆史
 
「新人講師より」
今年より向学館生を指導をさせていただく古瀧歩美です。先輩講師の皆さんと力を合わせて向学館生をサポートしていきます。よろしくおねがいいたします!
 
大切なお子様をお預かりする上で、向学館は万全を期して学力向上はもとより人間育成に全力を尽くします。ぜひご検討ください。

平成29年度 教科別基本学習方針

国語科 基本方針

 
学習指導要領の改訂に伴い、国語の教科書が厚くなり、以前のように知識を豊富に取り入れることになると思われます。そこで、生徒の目に見えた成績を上げるよう指導する為、全学年において得点力アップ・内申点アップを目標に掲げて授業を進めていきます。正しい日本語を身につけ、自信を持って表現できる国語力の育成をしていきます。
 
得点力アップ・内申点アップの3つの実践テーマ
1. 基礎力をつけさせる
 漢字の語句・文法といった国語の基本を繰り返し学習することで徹底的に身につけさせます。月例の漢字テストでは、全員合格を目指した指導をしていきます。
 
2. 文章力をつけさせる
 「習うより慣れろ」の方針で、オリジナルのテキストを通して様々な広範囲の文章問題に触れさせ、数多くの問題を解くことで文章の読解力、記述力を向上させていきます。講義では読解のコツをわかりやすく伝えていきます。
 
3. 学校の成績を上げる
 学校での授業進度・内容を常に把握し、各学校ごとに対応できるよう、テスト対策プリントや生徒個人個人にきめ細かい学習方法を指導していきます。


数学科 基本方針

 
「心底数学が好きな生徒をつくる。」その理念のもと、自ら「なぜ」と思う生徒、負けず嫌いな生徒をつくることを追究しています。そのために、向学館の数学科では、「能動的姿勢を引き出す」、「思考させる」、「題意を読みとる」、の3つの方針のもと指導してまいります。
 
1. 動的姿勢を引き出す
  向学館の数学では、ノートを作成する授業を展開しています。ノートをとることは、黒板に集中を向けることで能動期姿勢を引き出すことに有益であり、問題を解く際、式や図を書く習慣をつけることにもなります。出来上がったノートは自分にとって1番の参考書であり、試験前の復習に活用できます。
 
2. 思考させる
 教科書よりも1ランク上のテキストを使用しています。1ランク上の問題を解くことで、検証しながら答えを導く力を養成します。
 公式や定理を丸暗記させるのではなく、「なぜそうなるのか」ということを理解させる授業を展開しています。
 
3. 題意を読み取る
 近年の入試では、長い文章を伴う問題が頻出する傾向があります。そこで向学館では、生徒自ら問題文を最後まで読み、題意を読み取ってから問題を解くことを徹底しています。


英語科 基本方針

 
『結果を出せる指導』
失敗しない入試には、知識と精神力が必要。それを鍛え上げます。
 
1. テキスト
より多くの問題、英文に触れてもらうために、全学年とも教科書準拠ではなく、文法事項ごとに単元が構成されているものを使用します。
定期テスト対策として、教科書内容をきっちり確認できるようプリントを配布します。
 
2. 授業
中1:中学生としての自覚を持たせ、自立を促す。定期テストへの心構えを伝授。入試が二年後にあることを常に意識させる。単元テストの導入。必要時には単語テスト等の小テストを入れていく。
 
中2:入試に向けて「もっとちゃんとやっておけば良かった」と後悔しないよう自覚を持たせ、常に自分の現状を把握させる。単元テストの導入。必要時には単語テスト等の小テストを入れていく。
 
中3:入試の準備としてはもちろんのこと、高校での英語を順調にこなすためにも受験勉強で中学英語の総まとめが重要であることを認識させる。単元ごとに確認テストを導入。必要時には並べ替えや文型、英作文テスト等の小テストを入れていく。
 
3. 訓話
各講師が自分の人生体験や向学館での経験を活かし、必要なことを最も良いタイミングで授業等を利用し伝えていきます。ヴィジョンをきちんと持たせれば、モチベーションを保つことができる。自分の可能性を信じ、常に上を目指していくことが、成長を促すことであると心の底から理解してもらいます。


社会科 基本方針

 
○中学1、2年生
 地理・歴史それぞれ、教科書に準拠したテキストを配布し、学校の授業の予習復習や定期テスト前の家庭学習に活用していただきます。
 
○中学3年生
公民
 テキストにまとめられている要点を解説した上で、テキストの問題を解き進めながら公民分野の定着を図ります。中学3年生で初めて学習する内容であるからこそ、社会を得意に感じている生徒はもちろん、苦手に感じている生徒も内申点アップを目指すことができます。三学期は公立高校入試を想定した、演習問題に取り組んでいきます。


理科科 基本方針

 
「とことん突き詰めていく生徒をつくる」
 
その方針を基に、向学館の理科では、理科と日常生活の物事と関連づけ、塾生の知的好奇心を刺激し、興味関心を湧かせるための授業展開に努めています。あらゆる事象・現象の疑問に自ら立ち向かっていき、実験・観察の目的から結果に至るまでの基本的な知識・スキルを養います。その中で、近年の入試の頻出傾向にある記述形式で答える問題に対して普段の授業から取り組み、さらなる得点力の向上を目指し指導しています。